Visible Motion with TAKT PROJECT

2017年のミラノデザインウィークで発表されたインスタレーション。
アイシン精機の技術がつくる美しい自動車の動きを、4つのタイヤ跡の動きだけで表現するという
TAKT PROJECT吉泉聡氏のコンセプトを実現するため、70リットルの磁性流体を張った水盤の下に、
永久磁石を搭載した4台のロボットを自走させるシステムを構成した。
静謐な空間に配されるミニマルな動きによって、
見る者の自由なイマジネーションを誘起するような表現を目指した。
DSA日本空間デザイン賞 金賞(2017)、日本サインデザイン協会SDA賞 優秀賞(2017)を受賞。

installation art directed by the studio TAKT PROJECT for Aisin Seiki Co., Ltd. at the Milan Triennale Design Museum in 2017.
nomena gave special technical support to realize TAKT's vision by developing semi-autonomous robots which move synchronously under the magnetic fluid pool.

Year :

2017

Client :

Aisin Seiki Co., Ltd.

Project Producer :

TRUNK LTD.

Collaborator :

TAKT PROJECT

Photo & Video :

Daisuke Ohki

Award :

DSA Design award 2017 / GOLD PRIZE

Tag :

With nomena

Mechanism