パリのセーヴル通りに位置する、世界初の百貨店として知られる「ボン・マルシェ」で実施された
日本を代表するデザインスタジオnendoによるインスタレーション作品ame nochi hanaにおいて、
機構設計・製作と制御開発を行いました。
ボン・マルシェのアイコンであるエスカレーターを中央に配した、
天井高15m、広さ500m2のアトリウム。
この天井から吊られた120個の「水滴」が、まるで雨のようにゆっくりと下降します。
3階から2階、そして1階に差し掛かるあたりで、ひとつひとつの水滴が「花」へと変化し、
気づくとあたり一面が花畑のような風景に変化します。
その後、花は風になびくようにしながら空に舞い上がり、
また水滴へと変わり、再び降りはじめます。
見る位置や時間によってアトリウムの表情が刻一刻と変化する、動的なインスタレーションです。

You may also like

Back to Top